自分のニキビはなにが原因?ニキビの種類について知ろう!

この記事は約2分で読めます。

ニキビというのは顔にできる脂っこい思春期のニキビをイメージすることが多いですが、大人になってからできるニキビもありますし、できる箇所というのも顔に限ったことではありません。

顔だけでなく首、背中、お腹部分にできることもありますから、ニキビの種類も原因も一概に言えません。

なのでニキビができたら何が原因なのか、そしてどんなニキビなのかを知ることでケアしていくようにしましょう。

ニキビの種類は大きく分けて2種類ある

ニキビの種類には赤ニキビ、白ニキビがありますが、白ニキビはニキビの初期段階であり、かゆみや痛みもないのでニキビではなく普通に吹き出物としてみてしまうこともあるでしょう。

気になるからと言って過度に触ってしまうことで菌がニキビに入り、炎症が起こってしまうこともあるので、触りすぎない、つぶさないことが大事です。

ニキビケアできる洗顔で洗ったり、睡眠不足などの生活習慣の乱れを改善させることで悪化させないようにもしましょう。

ちなみに、赤ニキビは炎症している状態なので、手で触ってもしっかり感触を感じるものです。赤ニキビの原因も生活習慣・食生活の乱れなどがあり、ストレスでできてしまうようなこともあるでしょう。

ニキビが出来る意外な原因『乾燥』

また、そのほかに肌の乾燥も考えられます。

乾燥肌でないような人であっても年齢を重ねることによって肌の吸収力は弱まってしまいますし、すぐに肌の水分が失われるような状態になります。

普段から保湿たっぷりのスキンケアを使っていないことで、乾燥によるニキビができてしまいます。

思春期の脂っぽいニキビは脂取り紙などでしっかり肌の表面の脂を取らないことでできてしまうものですが、大人ニキビは乾燥が原因になっていることが多いです。

保湿タイプのスキンケアを使っていてもすぐに肌が乾燥すると感じてしまうようであれば、乳液を足したり美容クリームなどで肌の保湿を保つようにもしましょう。

そうすることでニキビができにくい肌にすることができますし、ニキビも悪化しないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました