皮膚科、美容皮膚科で行っているニキビやニキビ跡の治療にはどんなものがあるかについて

この記事は約2分で読めます。

化粧品やサプリメントなどで行う自己流のニキビケアに限界を感じているという方は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、皮膚科や美容皮膚科で専門的な治療を受けるという方法です。

    • 効果的に効率的に確実にスピーディーにニキビやニキビ跡を治すことが出来る
    • 医師に相談することで様々なアドバイスがもらえる
    • 患者さん一人一人の肌にぴったり合った治療法を提案してくれる、
    • 原因にしっかりとアプローチするので悩みやコンプレックスを根本から解消させることが出来る

など、様々なメリットが得られます。

皮膚科や美容皮膚科で行われている具体的な治療方法についてですが、

  • 抗菌薬を患部に塗ったり抗生剤を服用したりして菌の繁殖を抑制する
  • 皮膚を薄くしたり毛穴を広げたりする作用がある治療薬を用いて毛穴に詰まった脂肪を取り除く
  • ケミカルピーリングで古い角質を取り除き肌のターンオーバーを正常化させる
  • イオン導入で角質層の奥深くまで有効成分を浸透させてアプローチする

などがあります。

なかなか消えないニキビ跡のみを治療する場合は、トレチノインとハイドロキノンの塗り薬で働きかけるという方法が効果的です。トレチノインはビタミンA誘導体成分で、ターンオーバーをはやくする作用を持っています。ハイドロキノンは漂白作用がある強力な美白成分で、頑固なニキビ跡を消したり薄くしたりする効果が期待出来ます。

トレチノインとハイドロキノンのダブルの働きかけにより、効率的にスピーディーにニキビ跡を撃退するという治療方法です。ほとんどの皮膚科や美容皮膚科に、ニキビ治療の施術メニューは設けられています。まずは初回のカウンセリングを受けてみましょう。

皮膚科や美容皮膚科での治療と並行して行うべきこととしては、健康的で規則正しい生活を送ることです。大人ニキビの場合はストレスや疲れや喫煙や寝不足や運動不足や不規則な生活リズムや食生活の乱れなども大きく影響しますので、体の中からのアプローチも必要になります。

タイトルとURLをコピーしました