大人ニキビと思春期ニキビのちがい:大人ニキビは、ホルモンバランスの悪化が要因

この記事は約2分で読めます。

大人ニキビと思春期ニキビは、似て非なるものです。原因や原因につながる要因や対策方法などがそれぞれ違います。思春期ニキビの場合は、成長ホルモンが影響して皮脂が過剰に分泌されて肌が脂っぽくなることが原因で出来ます。皮脂が毛穴に詰まりアクネ菌が増殖することで、炎症が起こるというメカニズムです。

ニキビが出来る年齢は文字通り思春期の頃で、額や鼻などの皮脂の分泌が活発なTゾーンに出来やすいという特徴があります。肌を清潔に保ち、アクネ菌の増殖を抑えることが主な対策方法となります。

それに対して大人ニキビは少し厄介です。原因や原因につながる要因が一つではないからです。加齢やスキンケア不足や紫外線や環境やストレスや不摂生な生活習慣などあらゆるものが要因となりますが、ホルモンバランスの悪化もその一つです。

女性は排卵や生理や妊娠や出産や閉経などがあるため、ホルモンバランスが悪化しやすくなります。ホルモンバランスが悪化する原因として、卵胞ホルモンのエストロゲンの減少があります。生理前になると、肌荒れや便秘や肩こりや腰痛や頭痛や倦怠感やイライラや集中力の低下などのPMSの症状が強く出てしまうという女性は多いのではないでしょうか。

それは、排卵後に分泌される黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が優位になり、卵胞ホルモンの分泌が劣位になることで生じるホルモンバランスの悪化にあります。閉経前に起こる更年期障害の症状も、エストロゲンの減少によって引き起こされるものです。ホルモンバランスの悪化を改善させるための方法として効果的なのが、イソフラボンの摂取です。

イソフラボンはエストロゲンに似た働きをすることが認められている成分ですので、積極的に摂取することでホルモンバランスを整えることが出来ます。大豆製品に豊富に含まれている成分ですので、納豆や豆乳や豆腐などを意識的に食べて摂取しましょう。

大人ニキビは文字通り大人になってから出来るニキビで、口の周りやフェイスラインなど同じ個所に繰り返し出来たり治りが遅くて跡が残ったりなどの厄介な性質を持っています。積極的な対策に努めて、ニキビが出来にくい肌環境を手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました