大人ニキビと思春期ニキビのちがい:大人ニキビの勘違い!ニキビケア用品は、刺激が強い成分入っていることが多い

この記事は約2分で読めます。

一見似ているようでその性質や原因が全く異なるのが思春期ニキビと大人ニキビです。思春期に起こるニキビの主な原因は皮脂の分泌です。皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まってしまい、皮脂を栄養としてアクネ菌が増殖し、炎症を起こしてしまうのが思春期ニキビです。

他方、大人ニキビの場合、肌のターンオーバーがキチンと行われなくなり、古い角質が蓄積されることで毛穴を塞ぎ、発生してしまいます。大人ニキビの原因は要因が複雑に絡み合っていて、食生活の乱れや睡眠不足、生理不順などによるホルモンバランスの乱れなどが重なって口の周りや生え際、それに顎にできやすいニキビなのです。

思春期ニキビと大人のニキビでは対策方法も大きく異なっています。

まず、思春期ニキビの場合皮脂の過剰分泌をコントロールして毛穴を皮脂で塞いでしまわないように清潔さを保つことが大切です。思春期ニキビケア用品は他宗販売されていて、その主な効果は皮脂を抑えることを目的としています。

ただし、洗浄力が強くて刺激が強い成分を含む洗顔料が多数販売されているのも事実です。敏感肌や刺激に弱い肌の場合は、無添加のものや低刺激の洗顔料を使用するように心がけ、できるだけ顔を清潔に保つよう心がけることが重要であります。皮脂が気になるからと行って洗顔ばかりをしていると、余計に皮脂が過剰に分泌しやすくなってしまうので要注意です。

 

大人ニキビの場合は、思春期ニキビとは異なり角質ケアと保湿が需要なポイントであります。角質ケアをすることで、古い角質を除去することができ、毛穴に詰まってしまうのを予防する効果を期待することができます。

また、潤いが不足しがちなので、大人ニキビはしっかりと保湿をすることが何よりも大切なのです。また、生活習慣が乱れていたり、ストレスがたまっている用であれば、生活を見直してできるだけ睡眠時間をしっかりと確保するように心がけることが大人のニキビケアに必要なことです。

タイトルとURLをコピーしました