思春期ニキビと大人ニキビの対処法の違い

この記事は約2分で読めます。

ニキビは思春期ニキビと大人ニキビにわかれます。この2つは似ているようで症状も原因も異なり、対処法にも違いがあります。
思春期ニキビはその名の通り10代に起こりやすく、皮脂が過剰に分泌されることによって起こります。成長期は皮脂がかなり分泌されるため洗顔を行っていてもすぐに毛穴に皮脂が詰まってしまい、アクネ菌が繁殖してしまうのです。

思春期ニキビはホルモンが影響しているので、安定してくる20代になると治まってきます。できやすい部分はおでこと鼻で、赤ニキビのことが多く、触ったりひっかいたりしてしまうと跡が残ってしまう恐れもあるので、できるだけ皮膚科を受診し、専用のニキビ治療薬を用いると良いでしょう。寝具なども清潔にすることが大切であるので、枕カバーは毎日取り換えるようにします。

大人ニキビは、吹き出物とも呼ばれ、ストレスや寝不足、不規則な食生活や飲酒、など様々なことが要因で起こります。シャンプーを良く洗い流さないなど間違ったスキンケアでも起こることが多く、どれが原因なのか突き止めるのが困難な場合もあります。主に顎や口周りにできやすく、皮膚が乾燥していることでも大人ニキビはできてしまいます。

大人ニキビの場合は、まず食生活を見直して寝不足にならないよう、生活を整えていくことが大切になります。それと同時に肌が乾燥していないかを見て、乾燥しているようであれば、保湿をしっかり行ってください。肌が乾燥してしまうとさらに皮脂が分泌され、大人ニキビができてしまいます。

大人ニキビができないようにするには、厚化粧をひかえ、メイクをした後は泡で優しく落とすようにします。メイクを落とそうと、ごしごし洗ってしまうのですが、こういったことは肌を傷めることにつながります。ぬるま湯で丁寧にゆっくりと洗い流すことを意識してください。メイクスポンジなどメイク道具も不衛生になることがあるので、定期的に変えるか、こまめに洗うようにします。

タイトルとURLをコピーしました