ニキビ跡を治す方法を考える前にニキビができる原因とは:間違ったお肌ケア

この記事は約2分で読めます。

ニキビ跡とはその名の通りニキビができた痕跡です。ニキビができてしっかりケアできなかった場合、痕となり肌に凹凸ができます。ニキビは女性・男性問わず誰しもか抱えるお肌の悩みですよね。

まず、ニキビができる原因とはなんなのでしょうか?

それは外的及び内的な要因によるモイスチャーバランスの乱れにあります。モイスチャーバランスとは水分・脂質・自然保湿因子からなる三つの成分のバランスのことです。自然保湿因子と脂質はお肌の10%から20%を占める水分を保つために必要な成分のため、これらの割合が乱れた時にキニビというお肌の悩みに繋がるのです。

外的問題とは多くは紫外線、摩擦など。内的要因としてはストレス、栄養状態、ホルモンの乱れや老化が挙げられます。美しい肌は一日では作れません。日々の積み重ねが健康的なお肌を作っていくのです。

では習慣にするべきお肌ケアとはなんなのでしょうか?

それは上記に挙げた要因をできるだけなくしていくのが第一です。外出する際は紫外線対策をしっかり行い、肌を擦ったりマスクなどで日常的な摩擦を行ってしまっている方はなるべくしないよう心がけるか、布マスクにして摩擦を軽減する必要があります。

ストレスはためないようにし、食事もなるべくバランスの取れたものを意識して取るようにしましょう。ただ、これだけ意識しようとするだけでストレスが溜まってしまいそうですよね。始められるところから少しずつ改善していけばいいと思います。

最後にお肌に直接、そして毎日行う洗顔についてお話します。皮脂は酸化したり、ほこりや微生物が付着して有害となる場合があるためそれらを洗い流す必要があります。洗顔後、脂質が少ない状態のため、化粧水などで保湿しましょう。

でもどんな成分がお肌に効果的なのか今ひとつわからないんだけど。という方は多くいます。まず、敏感肌やアレルギー持ちという方はできれば簡素な成分配合で、できれば植物由来のお肌に近い成分を主成分としている基礎化粧品を選んだほうが良いです。ニキビ跡を治す方法を考える前に一度自分のお肌ケアを見直してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました