ニキビ跡を治す方法を考えることになる前に!ニキビ跡の種類:赤み編

この記事は約2分で読めます。

ニキビ跡を治す方法は、種類によって異なります。ニキビが治っても赤みが消えないのは、皮膚内に炎症が残っているためです。アクネ菌の影響により過剰な炎症反応が起こったことが原因ですので、すぐには消えません。

また、傷ついた細胞を修復するために血管が開くことでも赤く見えることがありますが、血管の開きにより赤みが現れている場合には時間の経過と共に徐々に薄くなっていきます。炎症自体も自然治癒による回復は期待できますが、長引くと人目が気になる、メイクで隠しきれないという場合には、早期に回復させるための対策を講じることが大切です。

赤みのあるニキビ跡を治す方法としては、ビタミンCが配合されているローションやクリームでケアを行うのが効果的です。ビタミンCにはコラーゲンを増やす働きがあり、コラーゲンが増えると肌細胞の修復もスムーズに行われます。健やかな肌を守るために重要な成分ですので、一日でも早く消したい時には試してみましょう。

日々の生活の中で気を付けることは、紫外線を浴びないように気を付けることです。紫外線を浴びると新たな炎症が引き起こされて症状が長引きます。バリア機能が低下していなければピーリングによってターンオーバーを早めるのも一つの方法ですが、バリア機能が弱まっている時には逆効果になりますので注意が必要です。

ターンオーバーを高める成分にはビタミンC以外にもビタミンB群やビタミンEなどがあり、色々と取り入れることで幅広いアプローチを行えます。美白用化粧品を活用するのも良い方法であり、肌に負担のかからない範囲で取り入れれば赤みを消すのに役立ちます。

皮膚が薄くなっていると感じた時には、保湿ケアも徹底することが大切です。保湿ケアを行うとバリア機能が強化されて、外的刺激に対する対抗力が養われます。外的刺激に反応すると炎症が酷くなることがあり、せっかくケアを行って期待するような成果が出ませんが、強化されればビタミンCなどの作用も最大限に引き出せます

タイトルとURLをコピーしました