ニキビ跡を治す方法を考えることになる前に!ニキビ跡の原因:化粧品の刺激

この記事は約2分で読めます。

なかなか消えなくて目立つ厄介なニキビ跡に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。とくに、治りが遅くて同じ個所に繰り返し何度も出来る大人ニキビによるニキビ跡は面倒な存在です。そのままほったらかしにしておけば症状はどんどん悪化しますし悩みも深刻化していきますので、早めに対策を講じることが大事な鍵となります。

ニキビ跡を治す方法を考える前に、まずはニキビ跡の原因についての理解を深めておきましょう。

原因は様々ですが、化粧品による刺激もその一つです。ニキビ跡は、メラノサイトから生成されるメラニンの色素沈着によって生じます。メラニンの色素沈着が起こりにくい肌環境に整えておけば、ニキビが出来てしまってもすぐに治り跡が残りにくくなります。

ニキビ跡が残りにくい肌環境とは具体的にどのようなものかというと、ターンオーバーが活発で肌細胞の再生がスムーズに行われる状態です。この状態に導くためには、角質のバリア機能を向上させる必要があります。角質のバリア機能を向上させるためにすべきことは、徹底的な保湿ケアです。肌が常に潤いに満たされていれば、角質のバリア機能が衰える心配はありませんし、メラニンの色素沈着も起こりにくくなります。

潤いに満たされた状態の肌に導くために必要なのがコラーゲンです。コラーゲンは肌の潤いをキープする役割を担っており、美肌づくりには欠かせない存在です。しかし、25歳頃から徐々に減少していってしまいます。20代後半頃から肌の乾燥がひどくなったり大人ニキビが出来やすくなったりするのは、コラーゲンの減少が大きく影響します。コラーゲンが減少する原因は年齢の積み重ねだけではなく、化粧品の刺激も原因の一つとなります。

肌が弱い人が化粧品の刺激を受けるとそれが肌ダメージとなり、コラーゲンが破壊されます。それが角質のバリア機能の低下に結び付き、ひいては色素沈着によるニキビ跡の原因につながります。ですので、ニキビ跡対策を行う場合は、肌をいたわることを忘れてはいけません。肌への刺激が少ない無添加タイプの化粧品を用いてしっかりと肌に潤いをチャージすることが、効果的で効率的なニキビ跡対策につながります。

タイトルとURLをコピーしました