ニキビ跡を治す方法とニキビの豆知識特集!:ニキビ跡を作らないニキビケア方法とは

この記事は約2分で読めます。

肌トラブルの中でも、多くの方が経験したことがある「ニキビ」は食生活やストレスなど、ちょっとした体や心の変化で肌にできやすいトラブルの1つだと言われています。ニキビは基本的に適切な処置を行うことで、炎症が徐々に改善し最終的には綺麗に完治させることが可能ですが、間違ったお手入れをしてしまうとニキビ跡といった肌に色素沈着やクレーターと呼ばれるへこみが出来てしまう恐れがあります。そのためニキビ跡を作らないためにも適切なニキビケア方法の知識を持っておくことが大切です。

まず肌に出来てしまうニキビは、赤ニキビと白ニキビ、黒ニキビの三種類があります。特に赤ニキビは毛穴内部が炎症を起こしている状態で、実際に触れると痛みを感じるため赤くなっている場合は患部を刺激しないように触らないようにします。ニキビ跡が出来てしまう原因の一つが、赤ニキビを執拗に触ってしまったり潰してしまうことで、色素沈着やクレーターといった消えない跡が残ることになります。

赤ニキビが出来てしまったら、炎症が収まる3~4日間は一切触らないようにして清潔を保ちます。炎症が大体落ち着いてくると中に詰まっている白い膿の部分が見えてくるので、このタイミングでニキビを潰すことが短期間で完治させるタイミングとなります。この白い膿は白血球が細菌と戦い終わった残骸であるため、炎症が収まった合図にもなります。

ただニキビを潰す際に指で無理やり行うのは、雑菌が付着する危険があるため消毒エタノールと滅菌ガーゼ、清潔な針を用意して丁寧に排出させることがポイントです。ケアを行った後は抗生剤入の軟膏を塗っておくと安全です。万が一ニキビ跡が出来てしまった場合は、ニキビ跡を治す方法として美容皮膚科クリニックなどに相談することでレーザー治療やケミカルピーリングの治療を受けることが効果的です。色素沈着の場合はビタミンCを摂取したり、美白効果の高い化粧品でお手入れを行うことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました