ニキビ治療!もしニキビが出来てしまったら:保湿を意識する

この記事は約2分で読めます。

ニキビができやすい季節というと、皮脂量が多くなる夏の季節をイメージする方は多いですが、実は空気が乾燥しやすくなる秋から冬の季節はニキビが得にできやすくなる危険があるといわれています。特に大人になってからできる大人ニキビは、気温湿度が低下することで血液循環が鈍くなり、皮脂や汗の分泌が減少することで目元や口元、頬を中心に乾燥することで肌のバリア機能が低下してしまうことが原因と言われています。

肌のバリア機能は正常な状態であれば、紫外線によるダメージや肌の潤いをきちんと保持させることが可能です。しかし乾燥してバリア機能が低下してしまうことで、刺激に弱い肌になり肌のターンオーバーが悪化すると、古い角質が排出されずに毛穴に詰まってしまうことでニキビが発生してしまうのです。さらに大人になると日常生活の中で夜ふかしによる睡眠不足や、ストレスの蓄積、生理周期の乱れなどの様々な原因が重なってしまうことで肌のバリア機能が低下しやすくなる傾向にあるため、大人ニキビが繰り返してしまう方が多くなるのです。

そこで乾燥によるニキビを改善する方法として、一番簡単なニキビ治療法がスキンケアの見直しを行うことです。毎日のスキンケアで取り入れたいのが保湿に特化したスキンケア化粧品で、保湿成分が配合されているものを選ぶことをおすすめします。特に今までサッパリとした使用感の化粧水や乳液を利用してきた方は、肌質の変化に合わせてしっとりとした使用感のタイプに切り替えるようにしましょう。

また洗顔を行う際にはつい汚れを落とそうとしてゴシゴシ肌を洗いがちです。しかし肌への摩擦は刺激となり、肌の乾燥を進行させてしまう原因となるので、泡立てネットを利用して濃密な泡をつくり顔を包み込むようにして優しく洗顔をします。泡が肌に残らないようにしっかり水ですすぎ、清潔なタオルで優しく水分を取り除くようにすれば、刺激を最小限にして肌に潤いを残しつつ汚れを綺麗に落とすことが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました