ニキビの基礎知識:大人ニキビと食生活との関係

この記事は約2分で読めます。

ニキビは思春期の子供ができるもの、という認識がありますが、実は大人の場合にもニキビはできることがあります。このようなものを大人ニキビといい、大人ニキビは子供のニキビとは異なった症状があり、原因も違います。

大人ニキビの場合、乾燥した肌にできやすい傾向があります。乾燥している部分があるのに、なんだか肌がべたつく、ということも多いのですが、これも大人ニキビ肌の特徴です。人間の肌は、ある程度乾燥してしまうと、乾燥した状態から守ろうと皮脂をたくさん分泌し始めます。過剰に分泌されるため皮脂が毛穴を詰まらせ、ニキビを作ってしまうのです。
大人ニキビを改善するには、肌の乾燥状態を解消するのと同時に食生活にも気を配らなくてはなりません。

大人ニキビを防ぐには脂っこい食べ物やスナック菓子、甘いものやインスタント食品をできるだけ控えるようにします。過剰な糖分や脂肪は、皮脂の栄養となるため、毎日のように食べてしまうと皮脂の分泌が増えてしまうのです。そして当分や脂肪分は体の中に入る際にビタミンBを大量に消費します。ビタミンBは肌の状態を良くするビタミンですので、大量に消費されてしまうと、肌の状態が悪くなりニキビができやすくなるのです。

とはいえ、まったく脂肪分をとらないのは逆に体にとってよくありません。脂肪の中でも青魚やえごまの油は良質であるので、適度に食べるようにしましょう。
大人ニキビをできにくくするには、バランスの良い食生活が大切となります。ヨーグルトや豆腐、卵やチーズといったたんぱく質や豆類や野菜に多い食物繊維は肌の状態を良くします。特に食物繊維は腸内の環境も整えますので、体の内側から肌の状態を良くすることができますので、意識して食べると良いでしょう。

バランスよく食べるには、和食中心の食生活が好ましいです。食べる時間にも気を配り、夜の7時までには食べ終えていると体の調子も良くなり、肌のきめも整っていきます。

タイトルとURLをコピーしました