ニキビができてからシミに!肌荒れとニキビ跡の関係性

この記事は約2分で読めます。

ニキビは肌荒れの1種で、後にシミになったりニキビ跡が残る問題があります。
このシミは色素細胞のメラニンによるもので、肌の防御反応によって生じます。
メラニンはニキビだけでなく、肌荒れ全般や外的な刺激でも発生しますから、肌にとって大敵です。
その為、ダメージが継続的に続くニキビは、ニキビ跡が残る大きな懸念があります。
必ずしも跡が残るとは限りませんが、しかしターンオーバーに問題があると、発生したメラニンの排出が上手く行かなくなります。

これがニキビがシミになる原因で、肌荒れがニキビ跡として残ってしまう要因です。
ニキビ跡を防ぐ為には、ニキビの期間をなるべく短くしつつ、ターンオーバーを整えてメラニンを肌に残さないことが大切です。
また、これは既にできているニキビ跡の改善にも役立つので、肌荒れを解消してターンオーバーを正常化することがポイントとなります。
敏感肌の人は、普通肌の人と比べてニキビ跡が残りやすく、色濃く見えてしまうことが分かっています。

つまり、普通肌よりも肌荒れがシミとして残る恐れが強いので、効果的なニキビ対策を早めに始める必要があります。
紫外線などの刺激は、メラニンの生成を促進したり、ターンオーバーを停滞させる理由の1つです。
ニキビや肌荒れだけに対処しても、紫外線のような外的要因が回復を妨げるので、一方だけ対策をしても足りないといえます。
ただ、ニキビにもその他のダメージ源にも並行して対処を行えば、ニキビ跡を薄くしたり、目立たなくできます。

色素沈着によるシミは厄介ですが、一生残り続けるわけではなく、対処次第で改善へと導くことが可能です。
肌荒れがニキビ跡として残るのは間違いないので、根本的な原因を遠ざけることがまず重要です。
次に、発生しているメラニンの排出を促すことによって、目立つシミを少しずつ改善できます。
鍵を握るのはターンオーバーで、これを正常化してメラニンを排出することが、シミ解消の目標となります。

タイトルとURLをコピーしました